www.eroglubal.com

外国為替市場介入(為替介入)という言葉は耳にした事がありますか?日銀が外国為替平衡操作(為替介入)をして新聞記事、報道番組、グーグル等の記事で見かけたみなさんもいると思います。最初から外国為替市場介入(為替介入)というと我が国においては、財務大臣が為替レートの沈着を保つように遂行する戦略として使われています。簡単に言えば、急激な円高や円安の際に財務大臣の指示により中央銀行である日銀が円の売り買いをして為替のレートの安定化を狙うものを言います。外国為替市場介入(為替介入)にはいくつか種類があるのです。単独介入・・・行政機関もしくは中央銀行(日本銀行)が、東京市場において自主的に市場に加わって為替介入をする。協調介入・・・銀行などが相談し、各銀行などが資産を用いタイミングを合わせてあるいは随時為替介入を実施していく。委託介入・・・他の国の銀行などに向けて介入を託す。4.逆委託介入・・・日銀が他の国の銀行などに代わり為替介入を実施する。こんなようなやり方があります。どの為替介入(外国為替市場介入)も一時的に、当分市場に多くのインパクトを与えるでしょう。為替介入(外国為替平衡操作)の額は自分の国の面目をかけて行なうのですからスケールが違うのです。円を例に例えると、日頃は数銭ずつ変化している円相場が突発的に数円の変動をするのです。個人投資家の方でしたら一回くらいは経験していると推測できますが今までは上手に利益(または損失)が増えていた持ち高を持ち続けていたのだが、キープしている持ち高が決済しましたとの内容の通達がFX業者の人間からメールが・・・どれだけ儲けが出たのかな(損失が出たのかな)?と考えながら決済データを見たら自分の中で見込んでいたものとは反対の状態となってしまい目を丸くしたパターンがあります。外国為替市場介入(為替介入)が実施された時に多く聞く話です。この例のように介入が実施されると、為替の傾向とまったく逆の変化をすることがわかります。まして変化する金の範囲は相当大幅に変動するため気をつける必要があります。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.eroglubal.com All Rights Reserved.