www.eroglubal.com

自賠責保険とは正しくは自動車損害賠償責任保険という保険で、通称自賠責保険と呼ぶ保険になります。自賠責は通称、強制保険と呼ばれ自動車を決められた期間ごとの車検に出す際はその期間内に適用される自賠責保険に入っていなければなりません。すべての車は加入が必要だというものです。それでは自動車に自賠責保険が付いた状態で売却した時にはどうなるでしょうか。自賠責保険というのは車検のときに更新をする場合が多くあるものですが、仮に強制保険(自賠責保険)に入ったままの自動車を売却した場合は払った金額が返還されることは全然ないと思います。というのも自賠責保険の効力を一回なくして次の所有権を持つ人移すことはやや面倒なのです。ですから自賠責保険というものは名義変更をして車とともに移すというのが普通です。ただしそれと同等の金額を買取額に乗せてくれます。自動車損害賠償責任保険というのは自動車税とは異なり、既に支払った金額を1ヶ月単位で割った額が返ってくるのではなく査定に上乗せといったような手段をとるのが普通ですが、これが査定に載ることはほぼありません。ですので、引き取りのときには自動車損害賠償責任保険を考慮した金額が買取額に反映されているかを確認する必要があります。払った金額がどのくらいの金額かということを頭に入れておけば見逃すことはないでしょう。それぞれの自賠責保険の加入保険料については、加入していた期間で異なるため注意しましょう。クルマの買い取り時には保険の名義書き換えをすることを忘れずに。もしこれをしないままにしていたら、保険会社より自分に自賠責保険の満了の知らせが来てしまいます。査定を考えている自動車が多少でもお得に査定されることを応援したいと思います。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.eroglubal.com All Rights Reserved.