「マイナスになった時にはナンピン買いでポジション全体の価格

普通のFX取引の雑誌では、「マイナスになった時にはナンピン買いでポジション全体の価格を抑える」と書かれていますが、現実にはナンピンには相当大きな罠があると思います。

ナンピンのロジックについて分かりやすく記述しておきます。

たとえば、1ドル=100円でドルを買ったとします。

$(ドル)買いだから円安になればなるほど黒字が出ますが、思っていたのとは逆に95円まで円高・ドル安に推移したとします。

そのままポジションを持ち続けたら損失が戻るためには、ドル安になった分円安が進まなければならない。

投資家であれば、赤字は早く無くしたいと願います。

このためはじめに買ったのと同額分のドルを、1ドルを95円で買います。

すると、ポジション全体の平均の単価は1ドル=97.50銭まで引き下げることができます。

2円50銭の幅で円安に推移すれば、損失を取り戻す事が出来ます。

これが、ナンピンの仕組みです。

このように、ナンピンのロジックを理解すると「ごもっとも」という風に思うが為替相場はそう容易には思った通りにはなりません。

だいたい、1ドル=95円以下にならないとは分かるはずがありません。

たとえば、市場が強い円高地合だったら1ドル=95円では収まることなくさらに一層ドル安が加速する確率は高くなります。

例として、1ドル=97.50円でナンピン買いをしたにもかかわらず1ドル95円まで円高ドル安になったとしたら、ナンピンをしたポジションも、マイナスが生まれることになってしまいます。

その状態では、一番初めに買ったドルと一緒にダブルで損を被ることになります。

この例のように、ナンピン買いは一筋縄でいきません。

ならば、外国為替市場が自らの台本とは逆に進む場合いかなる手法でリスクをコントロールすればいいのでしょうか。

取れる道は2つ。

ひとつめは覚悟を決めて、損切りをすること。

もうひとつの手段としては今現在、所持しているポジションを縮小することで、もう一回市場がリカバリするのを大人しく待つ事です。

少し弱腰の術だとおっしゃる方もいると思います。

だがしかし、自分が所有しているポジションにマイナスが生まれた時、一番危険の少ない方法はこれ以上のものは考えられません。

言うまでも無く、ロジックのうえではナンピンする手法もあるように思える。

けれどもナンピン買いは、自分自身がマイナスになっているにもかかわらずポジションを縮小するどころか遂に買いポジションを積み増していく手法です。

この手段では、危機を削減することなど到底できないと思うべきです。

ナンピン買いを続ければ最終的には損を取り返せるかもしれません。

だけど、それより前に資金はマイナスになってしまいます。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.eroglubal.com All Rights Reserved.